キャットフードの選び方

ここであらためて、飼い猫の健康を守るためのキャットフードの選び方を説明します。飼い猫の健康を守るためのキャットフードの選び方としてまずは高タンパクであることです。そしてアミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランス良く配合されているものです。さらに、猫の尿路結石を防ぐために腎臓系などの尿路の機能を正常に保つ成分を含むものです。そして新鮮さを保つために少量のパッケージであることと、無添加の商品であることです。

このように、キャットフードの選び方を踏まえつつも健康寿命を延ばすために、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランス良く配合したキャットフードを選びましょう。また、高タンパクなキャットフードはしばしば排泄機能に悪影響をおよぼします。ベリー系の果物など、尿路の機能を正常に保つ成分を含んだキャットフードを選んでおくと安心です。さらに、猫は犬よりも食事にうるさい生き物です。特に「新鮮さ」についてはこだわりが強いため、一度開封したことにより中身が劣化しやすいキャットフードではなく、食べる分ごとに少量が個別にパッケージされた、新鮮なキャットフードを選ぶことが好ましいです。大袋でも保管方法に気を付けておけば安心でしょう。加えて、「無添加」のものを積極的に選びましょう。

その他、イネ科の植物または猫草を好んで食べたり、意外にもアルコールが入っていないノンアルコールビールやビール酵母サプリも好んで食べたりします。アルコール入りは絶対に与えてはいけませんが、健康管理のためにキャットフードと併用することもおすすめです。

猫にとって必要なタンパク質の量

猫は犬と同じ肉食動物です。雑食である人間、肉食性の強い猫、肉食ながらも雑食性も少しある犬、を比較してみましょう。1日あたりに、体重1kgに対して必要なタンパク質の量を比べてみると、人間が必要とする量が1.2gで猫が必要とする量は7.0gです。そして犬が必要とする量は4.8gとなります。

この数字を見れば差は歴然です。猫はタンパク質さえ摂取していれば良い、逆に言えばタンパク質を多く摂取する必要があります。とは言え、タンパク質の摂り過ぎは肥満などの原因になります。

激しく動きまわる野生のネコ科の動物たちとは違い、飼い猫は日中ほとんど動きません。そのため肉100%のキャットフードなどを選ぶと、健康を害する事になります。タンパク質は消化されると、アミノ酸になります。体内で吸収されずに余ったアミノ酸は、脂肪に変わり肥満の原因となるのです。また腎臓が余分な物質をろ過して排泄する必要も生じるため、腎臓への負担が大きくなります。猫は1日あたり、非常に多くのタンパク質を摂取する必要があります。しかし肉100%のキャットフードでは健康に影響が出ることもあり、高タンパクながらも野菜などを含んだキャットフードが最適なのです。

高タンパクキャットフードがおすすめな理由

猫は犬と同じ肉食動物です。猫も犬も、基本的に肉さえ食べていれば生きていけます。しかし犬の場合、実は果物なども少量摂取して、生きていく上で必要な栄養素を得ています。

猫の体のつくり、特に胃腸の構造は、「肉だけ食べても生きていけるように」つくられています。そんな胃腸に穀物など体が必要としていないものが入り込んでしまうと、猫の胃腸に大きな負担がかかってしまうのです。そんな猫だからこそ、キャットフードには高タンパクなものをお薦めします。

肉に含まれる主な栄養素は、「タンパク質」です。つまり肉食性の強い猫にとって、タンパク質こそ生きていく上で重要な栄養素になります。それ以外の栄養素はほとんど摂る必要がありません。高タンパクキャットフードを選べば、猫にとってはそれを食べるだけで十分に効率よく生きていけます。ただし1つ注意したいのは、肉100%のキャットフードは避けた方が良い、という事です。激しく動き回る野生の猫とは違い、ペットの飼い猫は日中あまり動きませんから、肉100%のキャットフードは肥満の原因になります。健康寿命を延ばす事を考えて、高タンパクながらも野菜などを含んだキャットフードを選ぶようにしましょう。

キャットフードの選び方

可愛い飼い猫にいつまでも健康でいてもらうためには、日々の食事に気を付けなければなりません。というのも、生きていくために「食事」は必要不可欠です。飼い猫の食事にキャットフードを使う飼い主さんが多いと思いますが、そのキャットフードが猫の健康を害していませんか?

キャットフードの種類はとても豊富です。そのため、飼い主は猫に気をつかって「食べやすいもの」「美味しいもの」をついつい選んでしまいます。しかし、猫の健康のことを考えると、猫の体の特徴を理解した上で、しっかりとキャットフードを選ぶ事が大切になります。猫の健康を第一に考えるなら、「無添加」のものを選びましょう。ペットフードの食品添加物の安全基準は、人間が食べるものに比べると緩和されているでしょう。そのため往々にして多すぎる添加物の摂取はペットにとって「毒」となりえます。無添加で安全なキャットフードを選びましょう。その上でキャットフードを選ぶ際には、高タンパクキャットフードをお薦めします。

猫は犬と同じ肉食動物ですが、犬が果物なども少量摂取する事に比べると、猫はほぼ完全な肉食性に近いといっても過言ではありません。サバンナのライオンを想像してもらえればお分かりかと思いますが、ネコ科の動物は肉だけを食べても十分に生きていける体のつくりをしているのです。肉に含まれる主な栄養素は「タンパク質」です。つまり肉食性である猫にとって、タンパク質こそ生きていく上で重要な栄養素になるのです。高タンパクキャットフードとは、猫にとって夢のようなキャットフードです。