高タンパクキャットフードがおすすめな理由

猫は犬と同じ肉食動物です。猫も犬も、基本的に肉さえ食べていれば生きていけます。しかし犬の場合、実は果物なども少量摂取して、生きていく上で必要な栄養素を得ています。

猫の体のつくり、特に胃腸の構造は、「肉だけ食べても生きていけるように」つくられています。そんな胃腸に穀物など体が必要としていないものが入り込んでしまうと、猫の胃腸に大きな負担がかかってしまうのです。そんな猫だからこそ、キャットフードには高タンパクなものをお薦めします。

肉に含まれる主な栄養素は、「タンパク質」です。つまり肉食性の強い猫にとって、タンパク質こそ生きていく上で重要な栄養素になります。それ以外の栄養素はほとんど摂る必要がありません。高タンパクキャットフードを選べば、猫にとってはそれを食べるだけで十分に効率よく生きていけます。ただし1つ注意したいのは、肉100%のキャットフードは避けた方が良い、という事です。激しく動き回る野生の猫とは違い、ペットの飼い猫は日中あまり動きませんから、肉100%のキャットフードは肥満の原因になります。健康寿命を延ばす事を考えて、高タンパクながらも野菜などを含んだキャットフードを選ぶようにしましょう。